イスラムに同性愛はある!?少年に対する愛情は男色か?

現在のイスラムの教義では同性愛は堅く禁じられていますが、実は9世紀から19世紀の間まで、イスラムには少年愛という文化がありました。ソドミー(同性愛)自体は罪でしたが、美少年への愛情は別物だったそうです。

しかも少年愛は文学や法学にまでも影響を与えるほどに重要視されており、イスラムが築いた王国の一時代を席巻したほどでした。そして美少年を愛でることに込められた感情は、けっして単なる「同性愛」ではなかったそうです。


意外と性には大らか?同性愛と少年愛は似て非なるもの

同性での恋愛をタブー視しているイスラムですが、実は9世紀から19世紀の間には、日本同様に少年を愛でる文化がありました。そして少年愛を題材とした文学なども作られ、ある意味では一世を風靡したと言われています。 古典イスラム法では、基本的に結婚の最低年齢は9歳とされているそうです。もちろん現代で9歳の婚礼を認めている国はほとんどありませんが、ごく一部の国ではいまだに上記の法が適用されており、実際に契りを結ぶ人もいます。

イスラムではない方は「あの厳格な宗教がなぜ、少年ならいいなどというあいまいな態度なのか」と疑問に思うことでしょう。実はしっかりとした理由があり、彼らの考えによればけっして「少年愛」は「同性愛」ではありません。 古典イスラム法では、基本的に結婚の最低年齢は9歳とされているそうです。もちろん現代で9歳の婚礼を認めている国はほとんどありませんが、ごく一部の国ではいまだに上記の法が適用されており、実際に契りを結ぶ人もいます。

なにが違うかということを知れば、イスラムの「愛」に対するおおらかさと深い考えに感動するはずです。そしてきっと、彼の宗教に対する「厳格」というイメージはくつがえされ、今までと異なる印象を持つことでしょう。


少年へ抱くのは、人をおもう「純粋なる愛情」だから許される!

イスラムの文学では少古典イスラム法では、基本的に結婚の最低年齢は9歳とされているそうです。もちろん現代で9歳の婚礼を認めている国はほとんどありませんが、ごく一部の国ではいまだに上記の法が適用されており、実際に契りを結ぶ人もいます。

年に限らず人に抱く「愛」とは、恋としての気持ちではなく、純粋なる愛情としての「愛」だそうです。ですから恋愛に関係する欲求はよきもので、性に生きることはある意味では殉教に通じる気高いものでした。 上記の文脈から見た場合、少年への思いは「同性愛」ではなく、美しいものや人を愛でるという純粋な感情とみなされます。そしてひとつの文化として評価もされていたので、「少年愛」をテーマとして作品を残した詩人もいたそうです。 古典イスラム法では、基本的に結婚の最低年齢は9歳とされているそうです。もちろん現代で9歳の婚礼を認めている国はほとんどありませんが、ごく一部の国ではいまだに上記の法が適用されており、実際に契りを結ぶ人もいます。

また、少年愛をよしとする背景には、女性を保護するという理由もありました。法学の上でも美少年に魅力を感じることは罪ではないとされており、女性に対して性欲を抱くこと同様に自然だと考えられていたそうです。


高潔な気持ちを持っておこなえば、性交はすばらしいもの!

ただし、見さかいなく少年と性交をしていいというわけではなく、アナルセックスは違法とされていました。加えて、少年に愛情を抱く場合は、少女に恋するよりも、より慎重で節度を持った態度で臨むべきだとされているそうです。 古典イスラム法では、基本的に結婚の最低年齢は9歳とされているそうです。もちろん現代で9歳の婚礼を認めている国はほとんどありませんが、ごく一部の国ではいまだに上記の法が適用されており、実際に契りを結ぶ人もいます。

以上のことからもわかるとおり、イスラムにおける少年愛はとても深い意味と考えを持つものであり、けっして単なる性欲から来るものではありません。彼らが同性を愛するとき、美しいものに対する純粋な気持ちがあります。 古典イスラム法では、基本的に結婚の最低年齢は9歳とされているそうです。もちろん現代で9歳の婚礼を認めている国はほとんどありませんが、ごく一部の国ではいまだに上記の法が適用されており、実際に契りを結ぶ人もいます。

そして上記のとおり高潔な気持ちを持って愛するかぎりは、性別にかかわらず人を思うことをよしとする大らかな宗教です。仏教の僧が若い少年たちとの性愛をよしとしていたように、清らかなものほど性には寛容なのかもしれません。


サイトコンテンツ

Copyright(c) 誰も知らないイスラム世界~閉ざされた性の秘密~ All Rights Reserved.