よその女に欲情したら、家にかえって妻に挿入!?

イスラム教は性欲を抑える宗教であるかのように思われがちですが、実際にはセックスを奨励しています。未婚の者が性交したり、既婚者が配偶者以外と交わったりすることには厳しいですが、夫婦であれば数多くセックスして、たくさん子どもを作るべきと考えられています。イスラム教徒の女性が全身を布で覆い隠しているのは、男を欲情させないためですが、ここで言う「男」とは夫以外という意味です。夫に対しては淫乱であり、欲情させ、「やる気」を起こさせる相手であるのが理想です。

妻以外の女性に欲情してはいけないと言われても、なかなか、「はいそうですか」とはなりません。結婚している男性でも、セクシーな女性を見かければ勃起してしまうこともあります。海辺で裸に近い格好の女性を見れば、犯したいという気持ちになってしまうこともあるでしょう。イスラム教では、そうした「欲情」そのものを否定はしていません。むしろ、「男なんてそんなものだ」という考え方に立っています。「男はセクシーな女を見ればやりたくなるものたから女はエロくない服装をすべき」とされ、そのために肌を露出しない服装をしているのです。

全ての女性がムスリムではありませんから、イスラムの男性がセクシー女性に出会ってしまうことも当然あります。そんなときには、どうすれば良いのでしょうか? 直ちに家に帰って、妻に挿入すれば良いのです。


ムスリマが体を隠すのは、ムハンマドが欲情したから!?

イスラム教徒の女性が体を隠すのは、教祖であるムハンマド(マホメット)が、妻以外の女性にムラムラしてしまったことに起源があります。ムハンマドの言行録ハディースのひとつ「真正集」には、ムハンマドが町で見かけた女性に欲情してした話が載せられています。その女とセックスしたくなったムハンマドは、あわてて家に戻り妻の一人であるザイナブと交わりました。

射精してすっきりしたムハンマドは信者仲間たちの所に行き、女は男を欲情させる悪魔のようなものだと語ります。そして、女性を見てムラムラしたときには、すぐに妻と交わって欲情を抑えるようにと説教しました。男が「やりたくなる」のは、女がセクシーだからだ、という訳です。そして、男がヨコシマな気持ちを起こさせないためには女性が体を隠せば良い、ということになったのです。


色んな女性としたい人はどうする?

町で見かけたキレイな女性に勃起してしまうということは、男性にとってはありえることでしょう。人にもよりますが、生涯一人の女性とだけセックスすればそれで満足ということにはなかなかなりません。イスラム教においては、「一人の女性としかしてはいけない」という決まりはありません。「妻でない女性とはセックスしてはいけない」という掟です。

つまり、妻が二人いれば二人と性交しても構わないわけですし、四人いれば四倍楽しめるということになります。一夫多妻が認められているので、男性は四人まで妻をめとることができます。ただし、すべての妻を平等に扱わなければならないことになっており、一人とセックスすれば他の妻全員ともしなければなりませんし、一晩に2回したときには、他の妻とも2回しなければなりません。当然、体がもたないという人も出てくるでしょう。そのため、バイアグラのニーズもあるようです。

ムスリムの男たちも、エッチであることには変わりはありません。浮気はいけないが、妻をたくさん持つのはOKです。他の女性としたくなったら、妻にしてしまえば良いのです。


サイトコンテンツ

Copyright(c) 誰も知らないイスラム世界~閉ざされた性の秘密~ All Rights Reserved.