現代イスラム社会の本音~アラブ首長国連邦編~

皆さんはアラブ首長国連邦をご存知ですか?世界有数の産油国、セレブの集まる都市ドバイと言った形で耳にしたことがあるかと思います。アラビア半島の南東部に位置し紅海に面する国ですからもちろんイスラム教を国教とする国です。実はこの国、複数の国家が集まってできた国なのですが、それゆえに他のイスラム教国とは少し変わった所があります。


七つの国家が集まった連邦

実はこの国、七つの首長国が集まってできた国なのです。七つの国それぞれが絶対君主制をとっており、その君主の中から連邦最高評議会が構成されその中から大統領や首相が選出されます。首都は最も大きな国土を持つアブダビ首長国のアブダビであるのです。


実は人口の90%近くは外国籍

アラブ首長国連邦は900万人近い人たちが暮らす国ですがそのうち90%は何と外国籍。この外国籍の多くは他国からの出稼ぎ労働者です。主にアラブ諸国やインドなどの南アジア、東南アジア、欧米、東アジアの人もいます。ただし、単身が条件で家族連れは認められず、長期滞在しても国籍取得はかなり難しいです。失業した場合は強制送還されるという厳しい管理体制が敷かれています。このような特徴も持った国の為、イスラム教が国教となっていますが信教の自由は認められており、主に外国人を中心にキリスト教やヒンドゥー教が信仰されています。


首長国によってイスラム教の戒律の厳しさに違いがある

ただし、イスラム教に関しては各首長国によってその扱いは様々です。外国人の集まるドバイのあるドバイ首長国はイスラム教徒に関してもある程度自由を認めており、女性が体を覆う布を着用しなくても良かったり、肌の露出した服を着ても良かったりと結構自由です。酒の販売も許可をもらうことで可能です。ちなみに結婚前の性交渉は違法で外国人でも逮捕される場合があります。首都のあるアブビダはやや保守的で首長国の一つ、シャジャールは首長国の中でももっとも厳格で服装はもちろん、酒類の販売も禁止されています。アラブ首長国連邦に足を延ばす際には各国の違いに注意した方がいいかもしれません。


女性の大学進学率の高い国

国が教育に力を入れているため、小学校から大学まで男女別々ですが無料で義務教育を受けることが出来ます。これはイスラムの教えに「すべての教徒は知識を得るべき」という教えがあるためこの国では女性の教育が奨励されているようです。そのためか、大学まで行く女性の数は多いのがこの国の特徴です。卒業後には就職して働く人も多いです。他のイスラム教の国では女性は家の中にいることをよしとする国もありますが女性も男性も意識が違うようです。ただし、やはりイスラムの教えはしっかり守るようで女性だけの職場で働いたりパソコンを使った在宅勤務をしたりする女性もいます。この他18歳ぐらいで結婚して出産、子育てを経て大学に入りなおす人もいるようです。

首長国によって違いはありますが女性にもしっかりとした教育と働く場が与えられているアラブ首長国連邦は比較的イスラム教国の中でも自由な国と言えるでしょう。そんなお国柄でもイスラムの信仰や戒律の守るべきところはしっかり守る国でもあるのです。


サイトコンテンツ

Copyright(c) 誰も知らないイスラム世界~閉ざされた性の秘密~ All Rights Reserved.