本人より楽しそうかも?悠々自適なイスラムの女性たち

イスラムの女性といえば、戒律で厳格に縛られて不自由しているというのが、ヨーロッパ寄りの価値観を持つ日本人のイメージです。一夫多妻制など現代の日本では受け入れ制度も難いあるため、どうしても女性はつらそうに思えます。

しかし実は、他国の人間が思っているほど苦しい思いはしておらず、人によっては我が国の女性よりもずっと活き活きとしているそうです。彼女たちの実態を知れば、きっとイスラムに対する考えもがらりと変わるでしょう。


実はけっこう日々を満喫している?イスラム女性の私生活

イスラムの女性はひとりで外に出ることができず、仕事につくこともできない、というような側面ばかりが他国では強調されて報道されます。おかげで日本でも、彼女たちにかわいそうというイメージを抱いている方が少なくありません。

ですが、マイナスのことばかりかと言えば違い、イスラムにはイスラムのいいところもあります。一夫多妻制も女性への差別として挙げられますが、男性が何人もの妻を持つのは相手を軽く見ているからではありません。

複数の妻を持つ場合、むしろ男性はすべての女性を平等に愛さなければならないため、軽んじるどころか逆にとても大切にします。そして常に気をつかい、買い物などにもしっかりとつき合い、プレゼントも欠かさないそうです。


大切にされているため、服装などにも充分な楽しみがある

また基本的にイスラムの女性たちは肌を見せないように黒い衣服で全身をおおっています。ですがファッションに自由がないわけではなく、実は黒い服の下にはおしゃれな服や高価なアクセサリーで着飾っていることも多いそうです。

さらに家の中では権力を持っており、家事の多くを取り仕切っている人もいます。加えて、ひとりで出歩くことが禁じられているため、食材の買いだしなどは、たいていの家庭では男性がおこなうようになっているそうです。

もちろん、上記のように大事にされている人ばかりではなく、海外で報道されるようにひどい差別を受けている人もいます。しかし被害を受けているのは一部の人や、貧しい人たちという点は他の国とさして変わりがありません。


結局は人それぞれの価値観で、ものの見方は変わるもの!

イスラムにおける女性のあつかいがよくないと考えるのは、差別的だからではなく、人によって合う合わないがあるからです。日本の社会での性別への考え方が嫌いな日本人もいれば、好きな日本人もいるのと一緒でしょう。

さらに、昨今はだいぶ若者たちの考えもゆるくなったそうで、家の中ではショートパンツにTシャツなどラフなよそおいの女性も少なくないそうです。加えてSNSなどで自分の写真をアップするのも問題ないという地域もあります。

以上のことを見る限り、イスラム圏でも人生を楽しんでいる女性はいるように思えます。多少の不自由はあるかもしれませんが、それはどこの社会も同じことです。ただ現在一般的な西洋での価値観と少し異なるだけと言えるでしょう。


サイトコンテンツ

Copyright(c) 誰も知らないイスラム世界~閉ざされた性の秘密~ All Rights Reserved.